ジャコ・パストリアスによろしく【再】

双極性障害と社交不安障害とグレーゾーンのアスペルガー傾向を抱える野良サウンドマンの徒然であります。

私の2年前の「心理検査の結果」全文。怖いよ?

こんばん、わ?

 

日が長くなったし、今日なんかどう感じても夏でしたよね?ね?

 

てなことで。

 

えとですね。今日は表題の通りのこと。色々必要があって書類を掘り起こしていたら発見したその物件を全編「書き起こして」見ようと思います。

心してご覧いただければ。

 

行くよ?

 

-----------

 

○心理検査の結果について

 

先日は、その人の得意・不得意な分野を調べる能力の検査を受けていただきました。その結果は以下のようになります。

 

☆能力(機能)検査(平成28年2月12日 施行)

 今回は様々な能力の発揮について調べる検査を受けていただきましたが、あなたは現状それぞれの能力ごとで力の発揮に差が生じている、ムラが出やすくなっている面が目立ちました。

 元々、言葉を使って物事を理解する力、言葉の意味を理解して日常生活の力は高い水準で保たれています。知的な側面で物事を理解することが得意で、学習経験の高さも伺えます。

 一方で、注意・集中力には非常にムラが生じやすい面が目立っていました。耳から取り入れた情報を頭の中にとどめておく力が低下していることによって、情報の聞き漏らしや、頭の中で考えがまとまりにくいと感じることが多いのではないかと思われます。一方で、その力が非常に強く発揮される傾向もみられました。このことからは過集中の状態になりやすい面ももっていることが考えられ、結果的外界からの刺激に対して非常に敏感になり、不安や緊張感が高まりやすいことにつながるのではないかと思われます。

 また、物事の要点をつかむことがやや苦手であったり、ポイントを掴んで周囲と足並みをそろえて考えを整理すること、優先順位を素早く判断して臨機応変に対応すること、が苦手になりやすい傾向も見られました。作業内容が具体的であったり、指示が明確で具体的に与えられる環境の方が適応しやすく、一度にたくさんの指示や情報が提供される環境であると、考えが混乱することで緊張感が増し、その環境を回避したいという欲求が高まりやすいのではないかと思われます。

 手先の動作で課題をこなす力に関しては、手の震えが大きく生じていることによって、作業効率が低下しやすい傾向が目立っていました。頭の中で計画を立てたり、情報を整理する力は保たれていますので、自分の考えを素早く手先でアウトプットできない、と支障を感じやすい状態と思われます。また、計画として想定したことも実際には行動に移してみるとスムーズに移行することが難しく、疲労感が増しやすかったり自分自身への自信の持てなさにつながっていってしまう面もあるでしょう。

 ただ、ほかの課題内容に集中している時には、手の震えが治まっている面も見られました。手先を動かすということに意識が向くと過度に震えが生じてしまうことが考えられます。「何か行動したり、作業したりする」=「緊張している」=「手先に注目してしまい手が震える」という自動的な構図が成り立っており、緊張を回避するための行動として生じてしまっている部分があるのかもしれません。震えないときもある、大丈夫な時もある、という部分にもしっかりと目を向けなgら日常生活をこなしていって、自分に自信をつけていくことが重要であると思われます。

 

-----------

 

以上、長くなりましたが全文掲載です。

当たり前ですけども臨床心理士の先生の名前は割愛。

 

なんといえばいいですかね。

私、実は結構前から突然「手が動かなくなる」って事態はあったんです。

内緒にしてたわけじゃないけど、ベース弾いてる頃から、自分出だしの曲で始められなかったり、DJやっててもまともに手が動かない事態があったり。

でも、そのころは看過してました。

 

ただ、この心理士の先生の見立てによるとそこをフォーカスして見てるので紐付されちゃってます。

プロの仕事の凄いところは、そういうことだなあと。

 

「そこしか見ないから見えること」

これね。

現象面だけ見れば全然情緒関係ないけど、そこまでたどり着いてますし。

 

ちなみに言っておきますけど、今はかつてほど酷くないと自分では感じてます。

明らかにストレス要因が軽減されています。これ、かなり重要です。

いやね。生きていく上で。

人生とは、とか言うでしょ?それはストレスとは何か、との6割分くらいで語ってもいいかもと思う気持ちアリアリです。今の私は。

 

かなり生々しい自己開示になりましたけども、何かの参考にでもなればと思いまして掲載させていただきました。

 

犯人捜しばかりしても、結果は変わりませんけど、ちょっとした解決のヒントにはなりますし、意外と「あー!」って面白い発見もあるということ。

チャオ。