ジャコ・パストリアスによろしく【再】

双極性障害と社交不安障害とグレーゾーンのアスペルガー傾向を抱える野良サウンドマンの徒然であります。

情報のインプットと脳のバッファオーバーフローのその先。レッツぼんやり!

こんばんは。

 

久しぶりの更新になります。

台風来てますね。お気を付けなすってください(変)

 

さてもさても(これも変)、更新が滞っている理由の一つとして真面目に勉強しているせいもあろうかと感じる昨今です。実は表題と関係あります。

 

「真面目に勉強している」ったって、健常者の方(あまり好きな表現ではありませんがあえて)に比べたら至って短い集中力しか保てないのが実情のようです。

それでも普通免許の学科や日商簿記3級のテキストが全くと言っていいほど脳に定着しなかった数年前と比べると格段の進化であります。

もちろん学んでいる領域がのっぴきならないほどの意志の元、興味目標の対象であることもあります。

 

で。

 

ここ1年半年に渡ってのリカバリーについては生活改善やパッシブな情報享受にとどまっていたのですけど、俄然能動的に学習を始めると変化が起こり始めました。

 

その1。生活改善の一環として歩行、ラジオ体操、ダンスなどを周期的に行う習慣を身に着ける中でタンパク質を多くとるようになり、そこで筋肉が増強されることになります。

その2。強力な能動的意志に基づいて学習習慣が身についたことにより、そちら側の脳機能が活性したこともあり糖分を欲する傾向がみられるようになります。

結果として、お米を習慣的に食べるようになったことと、ミルクコーヒーを多く摂取するようになりました。最近は高くない野菜なら調理も厭わず積極的に採る次第です。

この辺までは身体的というかフィジカルなケミストリーと言えます。

これだけでも十分にワンダーなことだと感じていますけども。

 

そして表題について。

往々にして忘れがちですが、脳も臓器の一つであります。

まあ、多くの精神疾患と呼ばれるものは脳・神経の何らかの機能不全ということが現在の医学では認められていますがその多くは解明の途上であることは周知のことです。

そこはさておき、臓器である以上一定の機能のキャパシティがあります。

簡単な例を挙げますと、食べ過ぎれば胃腸が無理をします。

呑みすぎれば肝臓が無理をします。

情報が多いと脳が無理をします。

ということに、身を以て気が付きました。

 

私に何が起こっているかを具体的に申し上げます。

ここしばらく私は生活リズムを安定させる目的もあり、多くの時間テレビを視聴することに裂いておりました。

しかし、本域で学習を継続してきた結果何が起こっているかというと、そのテレビの視聴の密度に耐えられなくなってきました。

 

ここで私は表題のことを考えた訳です。

学習によるインプットで処理能と容量が圧迫され始めた、と。

や、結果いいことなんですけどね。

 

一日、勉強だけした日のことです。

この暑い中帰ってきて、いつもなら空かさずテレビをオンするのにそんな気にもなれずに30分ばかり「ぼー」としていました。

そんな折しも私が定期視聴している樺沢紫苑ドクターのYOUTUBE動画で知った

「デフォルトモード・ネットワーク」

という言葉ですが、なんかかっこよさげだけど実際にすることは

「ぼーっとすること」

だそうです。

 

簡単に言いますと、寝るって訳でもないけどぼーっとしてる間に脳のバックグラウンド(無意識)でその前までに入力された情報を整理しているモードだそう。

いやあ、コンピュータに例えることがこれほど判りやすいとは前職の因果かもしれませんね(笑)

 

YOUTUBE動画はこちら。

www.youtube.com

 

もっと興味のある方はググってたもーれ(これもなんか変)

 

ああ、デフォルトモードに入っているのでしょうか。

不注意に文章をしたためると、変なことになりますね。

 

皆様、ご自愛を。

ちゃお。